トラーゼおじさんのピアノ

c0137000_17425165.jpg

トラーゼおじさんなんて気安く書いてしまいましたが太ったお腹がピアノに触れそうで椅子を少し離して演奏しはじめました。 プロコフィエフの 「ピアノ協奏曲第3番」 情熱的にすごい迫力でずっと引き込まれてしまいました。 
演奏が終わるとトラーゼおじさんと呼びたくなるような柔和な笑顔と物腰があんなにすごい演奏をした人とは思えませんでした。 


NHK音楽祭2009 オーケストラが奏でる故郷の名曲より
   指揮 ワレリー・ゲルギエフ
   NHK交響楽団  
   芥川也寸志 弦楽のための三楽章(トリプティーク)
   プロコフィエフ ピアノ協奏曲第3番   アレクサンドル・トラーゼ
   チャイコフスキー 交響曲第6番(悲愴)
by machi3mm | 2009-12-02 18:10 | 音楽 映画
<< 紅葉の大福山から梅ヶ瀬渓谷へ (1) 散歩道のモミジ >>