酉の市へ

とても暖かい日だったので市川方面へ目的の3か所を効率よくまわれました。
まず市川真間駅から歩いていける芳澤ガーデンギャラリーへ
「安野光雅が描く野の花」展を見ました。 四季折々の植物が植えられている庭から陽ざしが入りギャラリーはポカポカでした。
津和野出身の安野さん、そちらの安野光雅美術館から借りだされた野の花と小人たち、もりのえほん、みちの辺の花シリーズが展示されています。
ギャラリー開館10周年記念にこのイベントが行われているということです。
よく知られた野の花の絵の中に小人たちの表情がやさしくよく描かれています。
安野さんの文章がそれぞれの絵に添えられていて子どもの頃のその花の思い出など野の花に寄せる思いがとてもおもしろく・・ひとつひとつ読んでいくのが楽しかった。
c0137000_1337262.jpg
c0137000_13371794.jpg
c0137000_13374329.jpg

館内から見た庭
c0137000_13382730.jpg

庭をひとまわり・・観賞にちょうどよい位の絵の数とこじんまりとしたお庭が心地よかったです。
また津和野出身ということで銘菓源氏巻が売っていました。20代に旅した津和野で食べて以来の出会いにびっくりです。もちろん買って帰りました。
c0137000_152787.jpg



それから京成電車に少し乗り京成中山駅へ、法華経寺の酉の市へ
c0137000_1339716.jpg


c0137000_13392732.jpg

子どもが幼稚園まで過ごしたこの地、通園にこの境内を通り抜けて行った懐かしいところです。
イチョウの大木も変わりなく立っていました。
c0137000_1340689.jpg

本堂の中から五重塔
c0137000_13403188.jpg

今年は二の酉まで。我が家はお寺のお守りで飾りのシンプルな熊手をいつも買います。

あれからもう30年も過ぎているけど理髪店やおもちゃやさんが変わらず営業していました。
[PR]
by machi3mm | 2014-11-23 14:31 | おでかけ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< アップルパイ 散歩道の秋 >>